タイ風俗バンコク・パタヤ夜遊びガイド

海外風俗初心者向けのタイの夜遊び情報を無料公開中

タイの風俗産業と月収100万円超えのタイの風俗嬢

タイと聞くと、東南アジアの中の一つの国程度にしか思っていない人も少なくないかもしれない。しかし実際のところ、今や年間10万人以上もの日本人が訪れる観光大国で、昼の観光とともに夜の観光も世界一充実しているといっても過言ではない。

首都バンコクでは、「ソイカウボーイ」や「ナナプラザ」、「パッポン」といったエリアは男性陣を中心に有名だし、「パタヤ」や「プーケット」といった地方都市にもゴーゴーバーが密集するエリアが存在する。

タイの夜=ゴーゴーバーというイメージが強いかもしれないが、他にも日本人向けのカラオケや、白人が好むバービア、万国共通のマッサージパーラーなどなど存在し、そのレパートリーの多さがタイ風俗の最大の特徴とも言える。

今回は、私の知人で過去によるのお仕事をしていたタイの女学生数人から直接インタビューする事もできたので、それらも交えてタイの性産業の"イマ"をお伝えしたい。

 

タイの魅力は夜遊び?

f:id:skybro123:20190121165614j:plain

実際、バンコクの歓楽街へ足を運んでみれば、一目見てタイ人ではないなという風貌の外国人が、やたらと露出度の高い服を着た現地のタイ人らしき女性とともにピンク色のネオンの下を歩いている光景を目の当たりにするだろう。

  

毎年1000人に1人の日本人がタイという海外の「新しい世界」を知り、うち何人かは現地での新しい「出会い」を求めて夜の街をさまよう。

 

驚かれるかもしれないが、最近では女性でも現地のタイ人男性を買う事をツイッターなどで発信する者も出て来た。

 

そして彼女らも男性同様、タイの夜の魅力に取りつかれて毎年何度もヒマを見つけてはバンコクやパタヤなどの夜の街へと吸い込まれていく。

気の合う仲間を連れ、あるいはやましい気持ちからか、マスクで顔を覆い単独で向かう者まで。

 

途上国で春を買う事は非難されるべきか

発展途上国に行って女をカネで買うなんて汚らわしい!

ピュアな日本人女性からするとそのような反応を見せるかもしれない。

少なくとも職場や公共の場ではしづらい話題ではある。

 

(実際はJAL,ANA、ノックスクートといったエコノミー席ではそういった会話を耳にする事も珍しくはないが…。)

 

わざわざ飛行機で7時間以上かけてタイへ渡航し、現地のいたいけな女の子にやましい事をするなんて日本の恥だ!

 

そういう批判の声も"オモテ"では良く聞かれる。

 

おそらく日本人は世間体というものを世界中のどの人種よりも気にする。

 

本当は自分の中から湧き出ている欲望や好奇心、こういったものにはフタをして普段は「良い人」を演じている。

 

私の知人でも、数年前までは海外で買春するなど日本の恥だ!二度と日本に帰ってくるな!というやや極端な部類の人間がいたが、家庭内不和を機に知人からの誘いでタイの夜遊びを知ってしまい、そのまま一気に"タイ風俗のプロ"となったものがいる。

 

あなたの価値観なんて本当はどうでもいい

よく海外旅行をして人生観が変わったなんて言う人がいるが、その人たちの一部はこの類かもしれない。

私の場合は、人生初海外生活がベトナムだったが、社会主義国のベトナムですら日本では味わえないような快楽を提供してくれるお店は無数に存在しており、在越中は大変お世話になった。

当然その間の様々な体験(性病感染含む)で人として、オトコとして揉まれに揉まれまくった。私は毎夜サイゴンガールのデカメロンを揉みしだかせて頂いたわけだが。

 

ところでベトナムは豊満なバストな女性が非常に多い。

タイは残念ながら。

 

話は逸れたが、あなたがどう思っているかなんてこの狂った世の中では大して意味をなさない。

 

もしすべての正義がまかり通るのならば、日本からパチンコやソープランド、ピンサロ、立ちんぼ、援助交際、グレーなパパ活などなど、すべてが一瞬にして消え行くはずだ。

しかし現実はどうだろう?

この世はそんなキレイな倫理観よりも汚物まみれのカネの方が優先される。

 

語弊があると困るので付け足しておくが、お金を稼ぐ事は悪い事ではない。

 

 

タイの風俗は資本主義の権化

少しだけタイ経済の現状について触れておこう。

タイ人の最低賃金は、2018年時では325バーツ(日給1100円程度)と設定されている。これだけ聞くとやっぱりまだまだ日本との経済格差は大きいなと思いがちだが、首都バンコクに至っては一般職の大卒初任給は15,000~20,000バーツ、そしてバンコクの平均月収は 25,500バーツ(約8万円)と、現地の物価を考えると、明日食うに困る生活を送るというのは、よっぽど怠惰な性格をしているか、心身になんらかの障害でもない限りは回避できるようになってきている。

 

タイの経済成長はGDPの1割を占める性産業のおかげ?

これは公式的な政府の発表ではないが、(…当然ながら)、2014年時の調査によると、タイ国内の性産業従事者はなんと12万人以上おり、タイの国内総生産(GDP)の10%近くを彼女ら(+彼ら)が稼ぎ出している計算になる。

ちなみにタイのGDPは4000億ドルなので、その1割に相当する400億ドル(4兆円)が夜の営みによって支えられているという計算になる。

当然タイに来て春を買う者たちが、春以外のものにお金を落とさないワケがないので、宿泊用のホテル、食事(場合によっては嬢が高級店をリクエストするかも!)、そしてお昼は普通に観光を楽しむ人だっているだろうから、付随的に4兆円以上のお金を稼いでいる事になる。

そしてその多くが先進国から得られる外貨であるという点も、特筆すべき点だ。

 

限りある若さを誰に売るべきか

タイ国内での人身売買や性的搾取というのは大戦直後に比べると激減した。国が富んでいくにつれ、そういった国際的に批判を受けるような行為に手を染める必要がなくなったからだ。

(かつてそういった行為があったかどうかは、各自Google先生に尋ねてみて欲しい。)

 

とはいえ、ブランド品や最新のiPhoneを買うなど贅沢をするには、仮に月2万バーツをもらえたとしても、相当切り詰めた生活を何か月もして、ようやく手に入れる事ができるというレベルだ。

 

日本同様タイでも女性の若さというものには価値がある。

 

非常にゲスい言い方になるが、事実なのだから仕方がない。

日本だって少子化にも拘わらず援助交際をするものは年々増えている。

 

若さというものには期限がある。殆どアタマを使わずにただ若いからというだけでお金がたくさん稼げるという事を一度知ってしまえば、おそらく多くの人間はその誘惑に負けてしまうはずだ。

 

それにタイは日本と違い世界中のモノズキ達が、毎年途切れることなくソレ目的のためだけに訪れているぐらいだから、これ以上稼ぎやすい環境はない。

 

そんな貴重な時間を薄給のファストフード店での肉体労働に費やしてしまうのは、さらさらバカげていると考えるようになるだろう。

 

あるものは成人するや否や、マッサージパーラーやゴーゴーバーで働き始め、またある者は、お店にマージンを支払う事なく、出会い系喫茶やオンラインでの出会いを通じて毎晩客を取る。

 

個人営業に至っては18歳、またはそれより若い年齢から始めるものもいるので注意が必要。

 

フリーランス(個人営業)となると、当然危険性は常につきまとうが、それでも稼いだお金がそのまま懐に入るのは、本人たちからすればこれ以上無い満足感となるだろう。 

 

カラダ一つで月100万円稼ぐタイの風俗嬢

上述した風俗形態の中で、最も魅力的なタイ人女性が集まるのが、「ゴーゴーバー」「マッサージパーラー」「KTV」の3つだ。

どれも日本のキャバクラやソープ、交際クラブなどと内情は変わらない。

容姿の優れたもの、魅力的なもの、太客を掴むのが巧いもの、とにかくより稼げるものがより早くステップアップしていく。

 

もちろん女の子によってゴールはまちまちだろう。

家族のために泣く泣く働いているものは、扶養する必要がなくなるまで働き続ける。

車や家が欲しいものはそれらが手に入るまでひたすらカラダで稼ぐ。

金持ちの外国人夫を見つけて結婚できれば、水上げされてからも裕福な生活を送れるだろうと取り入ってくるものも。

 

ゴーゴーバーの女の子の月収

さて、本記事タイトルを見て、「発展途上国の売春婦のくせに俺より稼いでんのかよ」と思った方も少なくないのではなかろうか。

本当にタイの風俗嬢がカラダ一つで月に100万円も稼げるのだろうか。

 

これは実際に私が直接聞いた話で、過去のセレブな生活の様子など写真をいくつか見せてもらったので、嘘ではないし、ツイッターなどでも、どこどこの風俗嬢が金持ちの外国人に水揚げされ、やれどこどこに家を建てた、小洒落たセレクトショップやカフェを構えた、などなど景気のいい話が散見される。

 

ゴーゴーバーやKTVでは、一度太い客に水揚げされてしまえば、毎月お小遣いという形で、50万、100万円、場合によってはそれ以上の金額の定期収入が入ってくるケースもある。

 

もっとも、非常に稀であるし、水揚げされた嬢の中には二度と夜の世界に戻ってこないというものもいるぐらいだから、そういった嬢には年に一人か二人会えるかというレベルである。

 

私がどのように元月収100万円稼いでいた嬢と知り合えたかというと、以前は金持ちに囲われていたが、飼い主からもらったお金を貯金もせずにひたすら浪費し、気づけばステディからは解雇通告。他に稼ぐすべなどないから、再び夜の街で働かざるを得なくなる、という典型的な風俗嬢の生き様をしている者がいるおかげだ。

彼女らの昔の武勇伝を聞いているのは正直楽しいが、「どうせまた同じ事を繰り返すんだろう」と思えるような思慮の浅さが垣間見えてしまうのも、これまたタイ風俗の悲しい現実。

 

容姿が優れいてる女の子は、すぐに先進国の資産家やらに囲われて、彼らが飽きるまでは非常に快適な暮らしを送ることができるが、飼い主の気分次第で一気に無一文にすらなりうる。

 

タイの風俗嬢が月に30万円稼ぐのは難しくない

タイ風俗マッサージパーラーの女の子

マッサージパーラーの女の子

月収100万円プレイヤーというのは日本で全うに働いていても実現が困難な部類なので、あくまでもそういう者もいる、程度の認識にとどめておいてほしいが、実際のところゴーゴーバーやKTV、マッサージパーラーなどで月収30万円を稼ぐのはそれほど難しい事ではない。ゴーゴーバーでは1日にたった1人だけでもいいから指名されホテルで客を満足させられれば、それだけで1万円程度稼ぐことができる。

地方都市になるともう少し低くなるが、それでも頑張って1日2人以上の客を取れればそう難しい話ではない。

もっというと、彼女たちは”営業時間外の営業”ができてしまうから、昼間にSNSなどで個人営業をかけ、近場の客のホテルまで出向き小遣い稼ぎをする事も可能だ。

そう考えると優秀な営業マンであれば、月50万円もさほど難しくないのというのが御理解いただけるだろう。

 

 

月3万円のお小遣いを稼ぐ素人女学生

このように、タイの風俗業界というのは、若い女性がただ若いという理由だけで一攫千金できる世界だ。

比較的所得が低いものの、美人の産地として知られるイサーン地方からは、非常に多くの若い女の子たちがバンコクやパタヤといった都市へと出稼ぎにやってくる。

出会い喫茶で有名な「テーメーカフェ」なんかにも、イサーン出身の女の子は少なくない。多くは家族のためだったり、自身の学費のためにここでお金を稼ぎに来たと言うが、実際のところは本人にしかわからない。

昼間は学校で勉強し、夜は学費のために見知らぬ男どもとベッドをともにする。

本当かどうかは知らないが、テーメーカフェに行けばこの手の女の子から簡単に話を聞くことができる。

若い女の子はみんなだいたい月に数万円程度で、相場が一回2500バーツ程度なのを考えると、月に4,5回ほど、だいたい週に一回だけ稼ぎに来るというような使い方をしている娘が多い。

※テーメーカフェを主戦場としているような女は完全にスれていて年齢も高めの傾向があるので、そこは注意されたい。

 

 

風俗の世界は騙し騙され

外国人に騙されるタイの風俗嬢

そんな彼女らのサバイバルにも、障害はある。商売柄、身の危険は常に付きまとう。

ストーカー、現地のヤクザや半グレ、ケチ過ぎるインド人、などなど。

騙す方が悪いと言ってくれるのはあなたのママとパパだけで、この世界では騙される方が完全に悪い。

仮に行為の後にカネを払わずに叩き出されたとしても現地では18歳以上の女性が「売春」する事は違法とされているため、警察に届け出るのも難しい。そうなれば泣き寝入りせざるを得ない。

そんな事もあって、ゴーゴーバーやマッサージパーラーなど、ある程度バックボーンのしっかりしているところで働きたいというものもいる。

風俗嬢にとって安全性と収益性はトレードオフなので難しいところだが、個人営業でも彼氏を用心棒(ヒモとも言う)に添えてあくせく頑張っているものもいる。

 

タイの風俗嬢に騙される日本人

お行儀の良い日本人は、風俗嬢を騙すという事に後ろめたさを覚えるなんとも善良な国民性を持っている事で有名なのだが、逆にそれが仇となるケースも珍しくない。

未成年を使った美人局(つつもたせ)や、睡眠薬強盗、日本人の詐欺師とグルになって詐取、などなど、現地邦人の夜遊びがらみの大使館への駆け込みはダントツ世界一となっている。

ハッキリ言ってタイの夜の街の治安はフィリピンのそれよりもはるかに悪い。

実際、マフィア間の抗争に全く無関係のインド人観光客が銃で撃たれて死亡したというニュースが2018年に各方面を賑わせた。

 

日本人はカモ。東南アジアの風俗嬢の認識はおそらくこれに限りなく近いものだろう。

もちろん面と向かってそんな事は言わない。「日本人は優しいからスキ」これがタテマエ。本音はただのカモ。

実際何十、何百といった日本人がタイの夜に魅せられ破滅した人生を送る羽目になったのだろう。

今後も”世間知らずな日本人”はタイのGDP成長に大きく貢献していくはずだ。

 

 

タイの風俗ではカネが全て

ナナプラザ

ナナプラザ

くどいようだが多くの日本人男児がいつの間にか忘れていってしまうので、老婆心ながら。

 

ところでタイの風俗産業が、ある程度平和になった現在でもこれほどまでに盛んに行われているのはなぜだろう。

一重にタイの格差社会が生んだひずみと言えよう。

 

富むものは富み続け、貧するものは貧し続ける。

 

タイはインドのカーストほどではないが、明らかな「階級」というものが存在する。

富裕層は自分以下の人間を蔑むし、同じ階級かそれ以上の階級の者以外とは結婚したいとも考えない。

では最下層の持たざる者たちが、上に上り詰めるためには何をすべきか。

 

  • カラダを使ってカネを稼ぐ事
  • 外国人と結婚する事

 

至ってシンプルだ。

 

よく日本人なんかは、そういった「階級」の風俗嬢などを見て、東南アジアの女はカネの事しか考えてないという言い方をするが、仮に自分が同じような立場にいたとしたらどうだろう。

カラダを売る以外カネを稼ぐ方法はない。仕事をやめれば明日にでもゴミ箱を漁るようになるかもしれない。

 

タイは経済成長が進んだとはいえ、まだまだ日本のように誰もが健康で文化的な最低限度の生活を送れるわけではない。 

 

とはいえ、インドのような激しい階級差別があるわけでもなく、若くして性的に搾取されるような事もなくなってきているから、今後もタイの風俗産業というのは、おそらくタイが先進国の仲間入りをできるようになる頃ぐらいにはなくならないだろう。

 

 

つまり皆さんが生きてる間はタイの風俗は安泰というわけだ。

 

日本ブログ村東南アジアランキング参加中!