タイ風俗バンコク・パタヤ夜遊びガイド

海外風俗初心者向けのタイの夜遊び情報を無料公開中

タイ移住・パタヤ沈没適正度チェッカー 日本社会不適合者のすゝめ

毎日毎日上司に怒られてばっか…。おまけに給料も全然上がらない…。年に一度のタイ旅行が人生で何よりの救い…。そんな灰色の社会人生活を送っている日本人の皆様にお届けする、「タイ移住・パタヤ沈没的制度チェッカー」は、あなたの今後の人生を左右するかもしれない重要な質問たちで構成されています。

 

人生を変えたいか!?ならば刮目せよ!

タイに行ったら新しい自分をハッケンできるかも!という愚かな発想に取り憑かれているそこの平社員くん、自分探しの旅はまずタイから♪♪と、短い足に不釣り合いなエスニック柄のサルエルパンツを履いて、大学の学期休みを利用して東南アジアで腰掛けキラキラノマド女子になろうと思ってるそこのゆるふわナデシコちゃん。

 

旅行で人生なんて変わんねぇから!

人生初のたったひとりでの海外旅行がタイで、初めての異国の地に感動して「タイで生活するのもいいかも♪」とか考えちゃってるアタマお花畑ちゃんに言っておきたいのは、まず一度や二度の海外旅行で大した発見なんてしてないでしょううちに、人生の進路を決めようと思うのはキケンです。まだ若いうちならいつでも修正はききますが、新卒カードを使い切った後でそういった思想に陥ってしまったそこのア・ナ・タ。

f:id:skybro123:20170916225241j:plain

たぶん今後も出世しないでしょうからすぐにタイへいらっしゃい。一緒にバービアで豚みたいに超えた白人のおっちゃんたちと現地の水商売女にちょっかい出しに行きましょう。

パタヤのウォーキングストリートには、ゴーゴーバー、バービア、本番ありのマッサージパーラーと、夜遊びスポットに事欠きませんから!

私もパタヤ移住初期は「サバイ・ルーム」や「ラスプーチン」で散財しまくりましたが、定職にもついていない今となっては、主にコスパの面で魅力が失くなってしまいました。それでもまだまだ安く遊べるのがパタヤの良いところ。バンコクにももちろんゴーゴーバー、マッサージパーラー、テイクアウト可能な日系カラオケ(KTV)といった観光客向けの夜遊びスポットだけでなく、ローカル向けの置屋にちょっと怪しいマッサージ、そしておしゃぶり専門のお店まであったりと、かつて世界の性都としての名を思うがままにしてきただけあります。

 

バンコクで沈没してはいかんのかい?

どこで沈没しようがあなたの勝手ですよ。私がとやかく言う事じゃない。

ただ、タイ国内に関して言うと、首都バンコクは今や日本の年金受給者でもジリ貧になってしまうぐらい、物価も地下も高騰してしまっていて、移住先としての魅力は年々色あせていっているのが現状です。シンガポールやマレーシアといった「東南アジアの優等生」たちと同じコースを辿っています。

バンコクのコンドミニアムやサービスアパートでは、1ベッドルームの物件でも平気で7,8万したりしますし、フィリピンのように月3万円でネットも寝床もクーラーもというような高コスパ物件を見つけるのが難しくなってきました。

今バンコクで3万円台の物件を探すとなると、セキュリティの常駐しないアパートタイプ以下のクオリティしかないでしょう。そういう物件は知らない間に物が無くなっているなんてことざらです。

同様に夜遊び代も年々上昇傾向にあり、このままでは、80年代、90年代の人気夜遊び人気スポット韓国と同じ水準になるでしょう。

 

世界は広いぞ、女なんてどこでも買える!

f:id:skybro123:20170917001856j:plain

何も飛行機で日本から7,8時間もかかるタイで沈没する必要なんてないんですよそもそも。同じ7,8時間なら、ジャカルタなんて未だに1000円ぐらいで最後まで遊べますし、居住費もコスという形式のアパートタイプの物件に住み着けば格安です。飯のレパートリーがないのと酒が高いのだけが悔やまれますが、胸の大きい子は多いですし、イスラム教国家の割に性に奔放です。フィリピンは日本から4,5時間で、アンヘレスなんかではまだまだ2000円程度から遊べます。飯は全体的にマズイですが、舌をローカルに慣らせば沈没先としては結構コスパは良いです。東南アジアではないですが、日本から3,4時間の香港なんかでも141という「売春宿」は複数存在していて、相場は東南アジアと比べると2,3倍程度になってしまいますが、それでも英語さえできれば生活には困りませんし、1泊2000円弱のゲストハウスなんかもまだまだあります。月単位でのレンタルとなると交渉次第ではもっと安くなるでしょう。

もちろんヨーロッパだってありです。

セックスワーカーの年齢が16歳以上とされているスイスで沈没してもいいですし、ルーマニアからの金髪美女とジャグジーで戯れる夢の楽園、ドイツのFKKに入り浸るのも最高です。

個人的には経済的な理由で実践できませんが、年に一度行くFKK旅行ではパタヤでの生活費1ヶ月分は余裕で超えます。

金も自由もあるならヨーロッパでだって沈没できちゃいます。

 

沈没生活に適性もクソもない

オチです。

 

ここまで真面目に読んで、背中を押してもらいたいと思っていたそこのあなた、残念ながらそんな性格だと沈没生活には向いてないでしょう。

というか結局踏み込めないまま、平々凡々な人生を日本で終えることになるでしょう。

沈没するのに「べき論」なんて一切当てはまりません。

パタヤで沈没してる連中はなるべくしてそうなっているのです。誰一人として、人生のバケーション期間の一部をパタヤで!と計画的に沈没しているわけではないのです。

 

私のように日本社会に適応できなかった人間が、言葉もわからないのに物価が安いから、日本社会を思い出したくないから、安く女が買えるから、とかホントどうしようもない理由で沈没してるだけです。

幸い今はネットだけで飯が食えているので、パタヤで沈没生活を継続できていますが、ものぐさな性格ですから、またすぐに飽きて他の事にちょっかいを出したり、次なる沈没先を見つけて移住してしまうかもわかりません。

 

このブログを始めたのも、自分のタイ移住の軌跡を回顧録的に書いているところもありますし、今後この地への移住を考えている人にとっての指標になれればな、なんていうおこがましい気持ちもあったりします。

 

ネットでみんなが良いって言ってるから沈没するの?

(案外ネットで飯食ってる人間たちのポジショントークかも?)

女が安く買えるから沈没するの?

(夜遊び毎日してるとすぐに飽きる。仕事のストレスは女遊びの最高のスパイス。)

物価がまだまだ安いから沈没するの?

(タイ語できないとなんだかんだ高くつくことが多い。)

 

まずは一度滞在してみるのが良いでしょう。

何事も百聞は一見にしかずですから。