タイ風俗バンコク・パタヤ夜遊びガイド

海外風俗初心者向けのタイの夜遊び情報を無料公開中

自動・バイクの購入と運転免許について

f:id:skybro123:20170911212139j:plain

私は現在、タイに在住し車とバイクを所有してますが、先日知り合いから購入方法と免許に関して質問がありました。おそらく私の友人以外にも、購入に関して興味を持っている方がいるかもしれませんので、今回は、自動車・バイクの購入と運転免許証取得について説明していきたいと思います。

 1.自動車・バイクの運転免許の取り方

 

自動車免許を取る方法は大きくわけて二つあります。

1つ目の方法は、免許センターで実技試験と筆記試験を受けて取得する方法です。これは、日本で試験を受ける感覚と似ていますね。

 

もう1つの方法は、日本で国際免許を取得してきて、免許センターで手続きをしてタイの国内免許を取得してもらう方法です。

 

自分の場合は、国際免許を取得してきてBTSバーンジャーク駅の近くのある免許センターに行って書き換えをしました。この方法は非常に簡単で約2時間ぐらいで免許をもらいことができました!また、自分はバイクの免許もほしかったので、そのこともスタッフに言ったら、一緒に付与してもらいました!ラッキー!!免許の有効期間はふたつとも2年間でした。尚、タイの免許証は、日本の免許証みたいに1つの免許証に自動車とバイクが乗れることが記載されているのではなく、1枚つづ別々の免許証が付与されました。

 

自分が用意した必要書類

・パスポート

・国際免許原本

・労働許可証

・健康診断書

 

※免許センターで上記の書類をコピーする必要があります。コピーを取る人に上記の書類を渡すと、何も言わないでも必要なページーのコピーを取ってくれます。

 

※国際免許がなく、有効な日本の免許証をもっている人は、在タイ日本大使館で日本の運転免許証の英文翻訳証明書を取得し、日本の免許証とその書類を提出すれば大丈夫みたいです。

 

健康診断書に関しては、BTSバーンジャーク駅近くに小さいクリニックがあり、そこで診断なし?!で取ることが可能です。

自分が行ったときは、「ドライバーズライセンス」とスタッフに伝えたあと、約5分ほどで診断書をもらえました。費用は約100バーツぐらいだったと思います。

  

 

2.自動車・バイクの購入方法に関して

 

新車を購入する場合は、住んでいるところの近くのディーラーに行き、購入することが可能です。

 

中古車を探す場合は、インターネットなどから事前に下調べをして探すか、幹線道路沿いにある、大型中古販売店に直接行って探すかになります。

 

ただ、タイで中古車を買うのはあまりおススメをしません。というのも、事故車や水没した車がなども平気で売られており、販売しているスタッフは平気で嘘をついて売ろうとしてくるからです。

 

もしもどうしても中古車を買いたい場合は、知り合いの日本人などから購入することをおススメします。

 

もしくは、日系の中古車店もタイ国内にあるようですので、そちらで買うのがいいかもしれません。

 

ガリバータイ

http://221616.com/kaigai/thai/

 

 

購入の為に自分が用意した必要書類

・パスポート

・労働許可証

 

※労働許可証がない場合は、在留証明書とビザ(ノンイミグラントで代用ができるです。

在留証明書は在タイ日本大使館で発行が可能ですが、その際にビザの提示が必要みたいです。

 

バイクの購入に関しても、購入の流れは車と同じかと思います。

 

 

3.自動車保険、自動車税に関して

 

車を購入した際には、保険に加入する必要があります。また、自動車税も毎年収める必要があります。

 

・強制保険(車種によって異なりますが、セダンだと約600バーツ程度)

・自動車税(車種によって異なりますが、約1500バーツ前後)

・任意保険

 

任意保険に関しては、通常1年単位の契約となり、金額はピンキリです。

1等級の保険内容は1年で約20,000バーツくらいかと思います。3等級ですと5000バーツ前後であるかと思います。

 

ただ、タイでは車両のトラブルが日本より起こりやすいので(道路がぼこぼこ、暑いのでパーツが劣化しやすい、事故率が日本より高い)、1等級の任意保険に加入されることをおススメします。

 

いかがでしたでしょうか。やはり車があるとタイでの生活も一段と便利になるのでこの機会にぜひご購入を検討してみてくださいね。では。