タイ風俗バンコク・パタヤ夜遊びガイド

海外風俗初心者向けのタイの夜遊び情報を無料公開中

バンコクで両替する際の注意点

f:id:skybro123:20170911212013j:plain

海外旅行に行った際、必ずといっていいほど必要となってくるのが日本円を現地の通貨に両替をすることですね。タイに旅行に行かれる際も、もちろんこちらは必須になるかと思います。

そこで今回は、バンコクで両替する際に関しての記事を書きたいと思います。

 

タイバーツに両替をする際の注意点

 

まず、タイバーツを日本にいる時に事前に両替したほうがよいかについては、まったくその必要はありません。なぜなら、タイの国際空港に着いてから空港内の銀行の両替所で両替ができるからです。仮に、深夜にタイの空港に着いた場合でも、空港内にあるどこかしらの両替所は営業しているかと思います。但し、地方の空港に日本からダイレクトに行くケースがある場合は、必ずしもそうではないので、事前に確認することをおススメします。

 

通常、日本国内の銀行や両替商で交換をする場合ですと、ほとんどのケースでレートが悪い両替になるかと思います。

 

但し、現地に着いてから両替ができなかったらどうしよう。。などの不安をお持ちの人がいましたら、日本の空港内に入っているtravexなどの外貨両替専門店で少額の金額のみを両替されることをおススメします。

 

尚、タイに着いてから両替をされる場合でも、空港内の銀行の両替所では少額のみを両替されることをおススメ致します。なぜならレートが悪いからです。

 

また、一度にたくさんの金額を両替してしまうと、もし仮にタイバーツが余ってしまった時にまた日本円に両替する必要が出てきて、余計な手数料が引かれてしまいます。

 

少額のみを両替したほうがいい他の理由としては、タイの物価は非常に安いので想像していた使用金額より下回ることがある為です。

バンコク市内には、たくさん両替所がありますので少額で両替を繰り返すことをおススメします。

 

尚、両替に関して注意すべきことが他にもあります。

それは、両替した現金は必ず細かい金額を含めてもらうようにしましょう。

これ、重要です!

例えば、仮に空港からタクシーに乗った場合、代金の支払いを1000バーツなどの高額紙幣で払おうと場合、運転手がおつりを持っていないケースが多々あり、面倒なことになりかねません。また、屋台などのお店も1000バーツで支払いをしようとした際は嫌な顔をされ、使用を拒否されることも多々あります。

 

そういったことを防ぐために、両替の際は、必ず細かい金額も含めてもらうようにしましょう。(まあ、大体何も言わないでも細かい金額も含めて両替をしてくれます。)

 

現金両替以外にタイバーツを手に入れる方法

 

日本にいる時に、海外でも現金引き出しが可能な国際キャッシュカードを作っておき、口座に入金をしておけば、タイのATMから簡単にタイバーツで引き出しが可能です。こちらはタイに限らず、全世界で現地通貨で引き出しが可能で、自分も海外に入った際はよくこの方法で現地通貨を入手してます。

 

自分は、新生銀行の国際キャッシュカードを使っています。

また、為替レートも両替商より良いみたいです。但し注意点としては、タイですとATM引き出し手数料が1回の引き出しにつき200バーツかかります。

 

両替レートがいいお店

 

上記で記載をした通り、バンコク市内にはたくさんの両替商があります。ただ、提供している為替レートはもちろんばらばらで、通常、宿泊したホテルで両替などをした場合は、レートが非常に悪くなることが多いです。そこでバンコク市内で、在住日本人にお墨付きの人気の両替商を紹介します。

 

それはsuperrichという名前の両替商です。このお店はバンコク市内に複数の支店があり、支店はBTSの駅の構内にもあったります。あとは、在住日本人がよく行くエンポリアムというショッピングモールにも支店があります。

 

superrich(http://www.superrichthailand.com/

 

 

両替に関しての記事は以上となります。

タイに旅行される際は是非参考にして頂き、賢く両替をされてくださいね!

ではまた!